50代女性 父親の葬儀を家族葬にしてよかった

私は50代の女性です。主人と子供と3人で質素に暮らしています。
私が家族葬を行ったのは、父親がなくなった時です。その時、以前に父親から葬儀なしなくてもいいと聞いていたことを思い出し、葬儀をしないわけにもいかないので葬儀を簡単にするということで家族葬にすることにしました。家族葬にすることは、母親も賛成でした。やっぱり年を取ると、あまりごちゃごちゃした感じではなくしめやかに故人を送りたいという気持ちが強くなるのだと思います。
家族葬の場合は、簡単に親族だけで済ますことができます。それは本当にいいですね。家族葬にして、いろいろなところに連絡をしなくもいいのは本当に楽でした。葬式をしてよくぐったりなって、後で倒れてしまうこともよくあると聞きます。通常の葬儀だったら、大変だったと思うのです。それを家族葬とすることにより、時間も短いし本当に良かったです。
しかもその葬儀の価格についても、想像していたよりもはるかに安く済ませることができました。安いといっても、後悔することは全くないのです。それはとても安心できました。私の個人的な考えとしても、家族葬がいいです。私が亡くなった時も、それで簡単にして欲しいと願います。葬儀で家族に負担をかけることが、望まないのです。
そして家族葬にして良かったこととして、なんといってもしめやかにひっそりお別れをすることができたということです。もしも忙しくしていたら、そんなに悲しみを感ずる感じで行うことができなかったと思うのです。それをひっそりできたので、家族としても父親のことについてゆっくり話をしたりして、いい時間を持つことができました。
家族葬は、料金も安くできるし、何よりも疲れることなく葬儀をすることができます。そのことで、しめやかに送れるので最も良い葬儀の形だと思っています。その家族葬を行ってますます、自分の葬儀についても、簡単にして欲しいと家族に伝えることにしています。

タイトルとURLをコピーしました