25歳女、祖父の葬式は家族葬で

私は25歳女性です。私が家族葬を行ったのは今年の2月ごろでした。母方の祖父が無くなり、初めて家族葬を経験いたしました。
母方の祖父は実家が新潟県にあり、祖母との結婚を機に新潟県から愛知県へ引っ越しをしてきました。それから亡くなるまではずっと愛知県にいたので父方の兄弟など身内は新潟県のほうにおりました。祖父の兄弟も年齢的にも愛知県までくることが難しいだろうということで母方の身内と家族のみで式を行うことにしました。家族葬のイメージですが、行う前は細々と行って寂しい思いをさせてしまうかもしれないなとマイナスなイメージがあったのですが実際式場にいってかなり驚きました。小規模な式場ではあるものの、とても綺麗でスタッフのかたもあたたかく接してくださいました。式場内は20名ほどが座れる椅子、そして後ろ側にはまるでリビングのようなソファ・テレビ・ダイニングテーブル、小さなキッチンまでありすごくアットホームな雰囲気でした。また、そばで眠れるように和室の部屋も用意されており当日は2名ほど宿泊をし祖父のそばにおりました。トイレやシャワーも完備されているのですが、アメニティなども揃っており、いままで言った葬式場のなかでも一番綺麗で細かなところまで過ごしやすいように気が行き届いていました。祖父も本当に大切な家族とゆっくり過ごす時間があり、家族も一人ひとりゆっくりと祖父との別れをできたと感じています。大勢の人にお別れをしてもらう式はきと故人の方もさびしくは無いのかもしれないと思いますが、大切な人にたくさん時間をつかってあいさつができる家族葬は魅力的なのではないかなとおもいます。また、家族葬の費用ですが一般的な葬式よりもかなり抑えられるため金額的にも良心的だなと感じております。式場によっても変わってくるとは思いますが、環境も非常に過ごしやすいです。ただ、駐車場がかなり狭い場所にあり、車が入らなかった時もあったのでそこは事前に確認をしておくと便利だとおもいました。
家族葬か、一般的な葬儀かはご家族で相談し、行うべきかなとおもいます。